資源と環境

水資源

チュムポーン県の水文学条件では、南地方東部の流域第1と呼ばれ、西側にある源流のタナウシー山からタイランド湾まで流れている短い川と運河で構成しています。次のように主な川の流域と小流域があります。

主な川の流域

  • クローン・タータパウのサブ流域
    短い川で、プラジュアブキリカン県の西側にある山から始まり、ターセ郡、ムアンチュムポーン郡、チュムポーン県を経てチュムポーン河口でタイランド湾へ注いでいます。主な流域と小流域の延長は867キロメートリです。年間の平均水量は14.40億立方メートルです。この川の水は土壌表層の水品質管理基準第3類に適合して水生動植物の生活に適するものです。ある地域で鉛、水銀、クロム、カドミウム等の重金属が確認されたこともありますが、量が少ないのです。また、大腸菌群はかなり多くあります。それはコミュニティを経て流れる為、排水からの汚染物質、農業と工業での川水利用、そして消費とレクリエーションに利用したことによって発生しました。
  • クローン・チュムポーンのサブ流域
    源流はラノーン県グラブリー郡パークジャン区から始まり、チュムポン県のワンパイ区、クングラティン村、タークデートク、ムアンチュムポーン郡を経てムアンチュムポーン郡トゥンサウィー郡でサウィー湾の北側へ注いでいます。延長は50キロメートリで、年中水量が多いです。
  • クローン・サヴィータゴーのサブ流域
    源流はラノーン県のムアン郡とラウン郡のラウンヌア区から始まり、北川へ流れ、又、東側 へ流れて、サウィー郡、カオタル区、ナーサック、トゥンラヤ、サウィー、ナーポー、パークプレーク、ターヒンを経て、サウィー郡のダ-ンサウィー区で海へ注いでいます。延長は75キロメートリで、年中水量が多いです。
  • クローン・ランスアンのサブ流域
    原料はチュムポーン県とスラートターに-県から始まり、チュムポーン県のパト郡とランスワン郡を経て、ランスワンの河口でタイランド湾へ注いでいます。ランスワン川とサブ流域の延長は497キロメートルです。この川の水は土壌表層の水品質管理基準第3類に適合して水生動植物の生活に適するものですが、地域を経たとこれでは少し品質が悪いです。それはパト衛生管理区域とランスアン衛生管理区域のところに対して他のところより汚れ値が高く、亜鉛と大腸菌群の量が多いです。それはコミュニティを経て流れる為、排水からの汚染物質、上流で農業に利用したこと、下流で漁業と養殖に利用したことを含め、レクリエーションと水上交通によって発生しました。
  • クローン・ラメーのサブ流域
    源流はパト郡のパト区から始まり、東側を経て、ラメ-郡のラメ-区で海へ注いでいます。延長は36キロメートリで、年中水量が多いです。

小流域

  • ラブローの支流
    タイとビルマの国境の西北側に位置したパテュー郡にあるタナウシー山から始まり、多の谷を経て南へ流れて、ターセ郡を経て、又東側のラブロー郡、ターカームへ流れてナーグラテー区でターセ支流と合流し、タータパオ川になりました。延長は72キロメートリで、年中水量が多いです。
  • ターセの支流
    プラジュアブキリカン県のバーンサパーン郡内にある山から始まり、サルイ区、クリン、ターセ、ナーグラダ-ン、ターセ郡を経て、ラブローと合流して、タータパウ川になりました。延長は77キロメートリで、年中水量が多いです。
  • クローン・サウィータウ
    サウィー郡のトゥンラヤ区にある山から始まり、パークプレーク区を経て、サウィー郡のウィサイタイ区で海へ注いでいます。延長は30キロメートリで、年中水量が多いです。
  • クローン・タゴー
    ランスワン郡にある山から始まり、トゥンタゴー、トゥンタカイ、パークタゴーを経て、パークタゴー区で海へ注いでいます。延長は120キロメートリで、年中水量が多いです。