資源と環境

森林

チュムポーン県は、全ての郡に森林がありますが、鬱蒼とした森林は西の周辺にあります。森林の面積は2,082,298ライで、県の面積の55.046%を占めます。農業エリアは仏暦2531年に38.19%から仏暦2554年に54.04%増加しました。チュムポーン県にある森林は葉落としで、状態によって3つの種類で分けられていいます。それは熱帯雨林、マングローブ林、そして沼沢林です。

上記3種類森林は下のようにチュムポーン県の森林エリアに分けられます。

  • 国立保全森林:チュムポーン県には国立保全森林として公表された森林は合計26林で、面積1,943,176.50ライでしたが、今現在、25林しか残っていなく、1林は削除されたため、国立保全森林の面積が1,941,426.50ライで、その内に常緑樹林が17林で、マングローブ林が5林で、また沼沢林が3林あります。
  • 野生生物保護区:チュムポーン県には野生生物保護区が4つあります。全ては官報に公示されました。
  • 国立公園:チュムポーン県の地域内に森林管理部により国立公園として決定されたのは2つあります。
  • 森林公園:チュムポーン県に森林公園が1つあります。
土壌資源と土地

南地方の上部は地形が様々な形をしています。それは、山、水資源、海岸、そして陸地の干拓地である為、色々な土壌が生じます。一般では南地方の上部に砂地と酸化した沈砂池がおり、土壌肥沃度が中から低いレベルです。海岸部の土壌は殆ど物と硬質地盤の腐敗したことによって生じました。干拓地には一般で粘土であり、排水が速いから非常に速い程度です。

チュムポーン県にある土壌は地域によって29単位に大きく分けられますが、次のようにそれを6のグループに分けています。

1. 海岸地域の土壌塩類

県の面積の5%を占める

2.浅土

県の面積の30%を占める

3.砂地

県の面積の5%を占める

4. 山土類

県の面積の15%を占める

5. 山地域

県の面積の35%を占める

6. 低地土壌

県の面積の10%を占める

チュムポーン県の上部は山地域で、中央部は農業に適する浅土と低地土壌です。西側は砂地、土壌塩類、山土類、及び一部の山地域です。

衛星画像によりチュムポーン県の面積が3,756,778ライで、その内に農業地域の面積が2,039,816ライ(45.9%)、森林面積が658,125ライ(20.4%)、区分されていない地域は1,058,837ライ(30.6%)です。