地理

面積と位置

チュムポーン県は、南部上部の東海岸側に位置して、バンコクから主要路4番(ペッチャガセーム)によって498キロで南東線列車で476キロで離れています。南部の中で面積が4番で6010平方キロメートルとなっています。チュムポーン県は南部上部の海岸側の一番目の県として位置して、面積は北から南にかけて222キロメートルの距離で長細い形状をしています。チュムポーン県は下のとおりに近郊都市があります。

ターセ郡とパテュー郡はプラジュアブキリカン県のバーンサパーン郡に接す

ラメー郡とパポ郡はスラーターニー県のターチャナ郡に接しす

パテュー郡、ムアン郡、サウィー郡、トゥンタゴー郡、ランスアン郡、及びラメー郡はタイランド湾に接す

西

ターセ郡はラノーン県のグラブリー郡とビルマに接し、ムアン郡、ランスアン郡、パト郡はラノーン県のグラブリー郡、ラウン郡、及びムアン郡に接す
地理

チュムポーン県の地理について一般では細長い形となっており、3つの特性に分けられます。1.西の方は山岳地でプーケット山とタナウシー山が自然的境界線として広がっています。2.中央の方は豊かな流域で県の農業エリアです。そして、3.東のほうはタイランド湾に沿う大平原地帯があります。チュムポーン県のビーチはあまりカーブがなく、海岸の距離が222キロメートルで、県の幅は36キロメートルです。

気候

チュムポーン県の気候は南西季節風と東南季節風のモンスーンの影響が大きくて、季節が2つあります。

  • 夏は2月から5月中ごろにかけて東南季節風が弱くなった後の変化時点です。
  • 梅雨は、5月中旬から12月中旬にかけてアンダマン海からの高湿度をもつ気団の 西南風が東北風に換えた為、雨が良く降り、降水量が1,553-2,344ミリメートルとなっています。

チュムポーン県の気温は、約27.3度となっており、平均最高温は34.8度で、平均最低温は21.6度です。相対湿度については、平均最高値は97%で、平均最低値は49%です。年間平均の相対湿度は81%です。