パテュー郡

郡スローガン

プラトゥタックシン・ティンカーンウェン・ダンサーイガーム・ルーナームパガラン・チューダンカオジェディー(南ゲート、ブラックモンキーの家、美しいビーチ、有名なコラール、人気の塔)

郡役所の所在地

86160 チュムポーン県パテュー郡パーンサノー区、第7集落

電話番号

0-7758-6115

電話番号

0-7758-6115,0-77591-167
歴史

パテュー軍は、元々小さな町でした。アユタヤ王朝に、ウトゥムポーン(チュームポーン)がナコーンシタムラート王朝に属した町で一番狭いところでした。ターセ郡、ターカーム村に位置して、南側の農民が良く通っていたものでした。そして、ドーンターテーン、ドーンヤイシー、ドーンタキャン、バーンフアノーン、そしてバーンゴまたはシャオムゴは丘の地形をしています。

仏暦2313年~2339年、内陸のクルットがパテューを行政しました。役所と家はドーンターテ-ンの東側とに農業協同組合の西側に建てられました。現在はタムボンバーンソンの第7集落に所在しています。仏暦2340~2375年、クルットから引き続けて、内陸のインはパテューを行政しました。役所(ラー)と家はバーンゴに所在しました。それは奴隷を使って掘らせて、3ワーの幅で5ライの面積を囲んでいました。現在はゴシャオムと呼ばれ、タムボンタレ-サッブの第2集落に位置しています。

仏暦2376年~2384年、内陸のプロムは、内陸のインから引き続けられて、パテューを行政しました。役所は農業協同組合の後ろ側と列車駅のポンプ場にありました。農民はそこをドーンヤイシーを読んでいました。

仏暦2384年~2438年、内陸のプロムから引き続けられて、プラパテューはパテューを行政しました。役所(サーラー)と家はバーンチャーン、バーンナーノートに所在して、現在はタムボンドーンヤーン、ターサメット、第5集落です。

仏暦2439年に、内務所指令によって行政区を変更して、パテュ-を解散し、代わりにパテュ-郡を成立されました。チュムポーンの審査員、ルアンプロムスパー・ジンダープロム(サッブ・ジンダープロム)は第1のパテュー郡長として(ロー.ソー.115年)任命されました。役所はタムボンドーンヤーンのバーンターサメット村にありました。(現在はタムボンパーククローン第1集落です)

仏暦2445年に、ソムデット・プラジャウボロムマウォンター・ジャウファー・グロムプラヤーナリサラヌワッティウォンが南部へ視察に行った時、郡役所は、バーンカーイ村の前で天蓋を建てました。その時、役所もここへ移動する考えがありましたが、列車の線路がタムボンバーンソンを通して作られるという情報があった為、バーンタークルアット村へ役所を移動しました。現在はタムボンバーンソンの第7集落のエリア内です。 仏暦2472年にチュムポーンで台風が激しくて、バーンターグルワット村にある役所が台風で破壊されたので、バーンバーンスワン1にあるプラシャーバーン学校(ピピットラートバムルン)へ移動しました。その後、タムボンバーンソン、バーンドーンターテーン村の第14集落において区役所が改めて新しく建てられました。現在は、タムボンバーンソンの第14集落のところです。そこから旧バーンターグルアットから1キロの距離があります。仏暦2473年に新区役所の建築が完了して、仏暦2473年6月8日に開会式が行われました。また、仏暦 2524年に区役所の新しい建物が作られました。仏暦2532年に台風(ゲー台風)によって破損されましたが、改築されて、今までもまだ利用をしています。

「PTew」とは古い名前で、今は、「Patew」と呼ばれています。この言葉は意味がありません。方言から見ると、「(P)aTew」ーは現地の地形を現す言葉です。それはタムボン・パーククローンのトゥンマハー湾の海に列島が並んでいる(Tew)ことを表すものです。従って、そのような地形のところに町を成立したので、町の名前を「ムアンパテュー(Patew)」と呼ぶようです。

地理

パテュー郡はチュムポン県の北側に位置して、面積は779平方キロで、下の領域があります。

プラジュアプキリカン県のバーンサパーンノイ郡

チュムポーン県のムアンチュムポーン郡

タイランド湾

西

チュムポーン県のターセ郡