ムアンチュムポーン郡

郡スローガン

ガオスームアンスングラーンカーントンティアウシェンアヌラック・レ・パッタナーシンカーガセートクンナパーブ(保全的観光の中心となると共に農産物の品質を向上)

郡役所の所在地

86000 チュムポーン県ムアンチュムポーン郡タパウ区ポラミット通り

電話番号

0-7751-1214, 0-7750-3725

ファクス番号

0-7750-3725
歴史

ムアンチュムポーン郡は、元々「タータパウ郡」と呼ばれましたが、昔、「ムアンチュムポーン」と呼ばれ、もっと坂に上って「バーンプラダーム」と呼ばれていました。タイの歴史によってラームカムへーン王の時代、または仏暦1820年~1860年の間に、領域は北、南、東、西へ広がっていました。南側について、ムアンスワンナブームというのはウートン、らーチャブリー、ペッチャブリー、及びナコーンシータマラートとのことですが、歴史的な証拠にはチュムポーンが存在していません。従って、そのとき、チュムポーンという町がまだないと考えられます。

ところが、ラーマ一1世のチュラーローク王時代の法律にムアンチュムポーンが現れていました。そして、ムアンチュムポーンは後期アユタヤ時代から前期チャクリ-時代の間に成立されたと推測できます。上記に記述したとおりに、ムアンチュムポーンは、タムボン、郡、そしてムアンチュムポーンの順序になりましたが、何時の時代であるか不明です。

地理

タイランド湾の東側にあるクラ地峡であるチュムポーン県の中央部に位置して、面積が 748.39平方キロメートルです。領域は次の通りです。

ターセ郡とパテュ-郡

サウィー郡

タイランド湾

西

グラブリー郡(ラノーン)
地形

ムアンチュムポーン郡は面積が748.39平方キロです。西側に山脈が並んで、中央と東側は平野地域と波状の地域であり、農業に植えやすい環境です。西にはタナウシー山脈があります。そこは源流として3つの主な川が始まり、土地の状況によって東へ流れ、海へ注います。その川は、タータパウ川、クローンチュムポーン、及びクローンウィサイです。中央の地域は波状の地形をしている為、果物類と果樹を植える場所です。東の地域は平野とヒルであるため、毎年洪水が発生します。

気候

ムアンチュムポーン郡は、西南モンスーンと東北モンスーンの影響によって季節が2つあります。

• 夏は2月から5月までですが、その間に南部の東側は西南モンスーンから響を与えられます。

• 梅雨は6月から1月までです。その間に東北モンスーンがタイランド湾を経て、南部に入ります。気体は湿度が高いので、タナウシー山脈と当たると、ムアンチュムポーン郡の前エリアで雨がよく降ることです。