ランスワン郡

郡スローガン

ランスワンムアンポンラマイ・パーイルアケン・レンドリアン・スワンソムデット(果物の町、ボート試合、ドリアンのお菓子、スワンソムデット庭)

郡役所の所在地

チュムポーン県ランスワン郡カングン区プラチャーラート通り

電話番号

0-7754-1009

ファクス番号

0-7754-4530
歴史

ランスワン郡は、一つの古い町です。町の名前の背景は明らかに分かっていません。ランスワン町は果物の果樹園があまりないので、交通省は、「ランスワン(Langsuan)」という言葉は「ランスワン(Rangsuan)」又は「クランスワン(Klangsuan)」から変えた名前であると推測しました。仏暦2427年にラーマ5世は、ランスワン町を辺境町として変えて、直接にバンコクに属させました。当時、プラジャルン・ラーチャポーカーゴーン(コーシムテック・ナ・ラノーン)が仏暦2449年9月13日から仏暦2459年にかけて初めての知事としてランスワンを行政しました。仏暦2459年に、ラーマ5世は、または行政区分を改革して、中央政府、地方行政区、地方自治体(行政区分に関する法令(仏暦2457年)による)に改良された為、ランスワン町は、「ランスワン県」になりました。

その後、また行政区分が改善されて、ランスワン県を解散して、仏暦2475年4月1日からチュムポーン県の下で行政されるようになりました。ルアン・プラーニー・プラチャーション氏はランスワン郡(新制)の郡長となりました。そして、仏暦2492年に内務省は、郡の位置付けを行って、上級の郡として位置付けられました。当時、パドゥンサワン氏(フン・ラックラーチャカーン)は上級郡の郡長でした。それ以来今まで郡長が定期的に変わっています。

地理

ランスアン郡は面積が937平方キロメートです。次のような領域があります。

チュムポーン県のトゥンタゴー郡

チュムポーン県のラメ-郡

タイランド湾

西

チュムポーン県のパト郡
地形

殆どの地域は山と森林で、丘陵地帯や川沿いの平野が広がっており、農作物が育ちやすい環境です。例えば、果物類とゴム等です。田植えはあまりなくて、郡内の消費所要量に対応できません。そして、森林の周辺には果樹が多くて、山の周辺には落葉混交林があります。